床下工法温水床暖房

【 床下工法 】 

工事は、床下からのみで出来ますので、家具など移動も無くフロア材の取替えも無しで割安のリフォーム工事となります。 工事日数は2~3日間です。

 

このような家に向いています。

・現在のフロア材がお気に入りで取り替えたくない。

・新築後数年しか経っていない。

・フロア張りがもったいない。今のフロア材を捨てるのがもったいないうえ、

  工事費用が高くつく。

・上張り工法では段差がついて困る。

・工事費を割り安にしたい。

①工事前の床下 ②温水パイプの鞘管を入れる ③温水パイプの配管をし均熱板で止める(1)
ボイラーから鞘管を引く 鞘管をサドルで止めていく タッカーで均熱パネルを床材に固定
④温水パイプの配管をし均熱板で止める(2) ⑤温水間の根太超えの断熱工事 ⑥工事完了
パイプの折り返し部分 根太超え部分は保温チューブで巻く 保温パネルを下から取り付け、金属ベルトで固定

 

 

 

 

有限会社アール住研

〒241-0034

横浜市旭区今宿南町2322-25

電話番号 045-951-5259

FAX番号 045-309-3060

E-Mail kubo247@gmail.com