床暖房

日本では、冬を暖かく過ごすには、暖房機器、或いは暖房装置が必ず必要となります。小さな子供さんやお年寄りのためにも、適切な暖房機器、装置が必要です。これは生活の為だけではなく、健康な生活を送るためにも必要なものだと思います。

 

【 従来の暖房機器 】

従来から、ガスストーブ/石油ストーブ/電気ストー/ブファンヒーター/強制給排気型の暖房機/エアコン等が使われています。

これ等は部屋の一部を温めることは出来ますが、足元が寒かったり、暖房機の横は寒いとか、暖房むらが出来て快適な物とは言えません。

また、部屋の中に暖房機を置くため、部屋の利用面で制約がある場合も有ります。 生火、或いは過熱のための災害が無いとは言えません。

この様な点を考えると、最近の床暖房はより良い快適な暖房と言えます。

 

【 床暖房 】

燃焼機器は屋外に有ります。 部屋の中には機器を置くスペースの必要はありません. 部屋の中は均一の暖かさです。

従来の「在来軸組根太工法」「平床・置床・2x4工法」「コンクリート建築」など、いろいろの建物、部屋の形などに適応出来るオーダーメイドの床暖房工法で施行し、建築会社、設計事務所、また施主様にも好評を頂いています。

 

暖房パネルの中に継ぎ目なしの温水パイプを配管する作業

 

 

 

 

 

 

 【 床暖房工事例 】

丁寧な工事で評価をいただいています。

有限会社アール住研

〒241-0034

横浜市旭区今宿南町2322-25

電話番号 045-951-5259

FAX番号 045-309-3060

E-Mail kubo247@gmail.com